お問い合わせはこちら
新着情報

森林3次元構造計測講習会を開催しました!

2015年6月27日

近年、デジタル航空写真を用いて3次元で森林を計測することが可能となりました。
この新しい計測技術を習得するために、一般社団法人・日本森林技術協会より講師をお招きして講習会を開催しました。


講習には当学科の教員・学生のほか、宮崎県からの参加者を含めて16名の参加がありました。
この技術を用いることで、パソコン上で樹木の本数を数えたり、樹木の高さや葉量(正確には陽樹冠体積といいます)を計測することができます。
日本では森林の航空写真を5年おきに撮影することになっており、その撮影もデジタル化されています。


デジタル航空写真を用いた森林の計測技術は、森林に係わる仕事に新たな技術革新をもたらすものと言えるでしょう。
当学科ではこのような革新的かつ今後の必須スキルとなるような先端技術の習得にも力を入れています。