お問い合わせはこちら
新着情報

新しく 篠原 慶規 准教授が着任しました!

2017年4月13日

森林緑地環境科学科に新しい先生が着任されました!

国土管理保全学がご専門の 篠原 慶規 准教授です。

 

このたび森林緑地環境科学科に准教授として着任致しました。私は、九州大学で学生時代を過ごし、研究室は変わりましたが、そのまま就職しました。九州大学では、主に森林を中心に、気候や植生が変化した場合、川の流量や土壌侵食、土砂災害の頻度が、どの程度変わる可能性があるのか?といったことを中心に研究していました。

 

森林から流れてくる水の一番の利用先は農地です。また、農業を行っていく上で、水は必要不可欠なものです。今後は、森林だけでなく、農地にも目を向け、水や土砂の動きを研究していきたいと思っています。そうすることにより、持続可能な生活を送っていくために、最適な土地利用や水利用のあり方を探っていきたいと思っています。

 

私自身、まだまだこれから、勉強しなくてはいけないこともたくさんあるので、学生の皆さんと切磋琢磨しながら、がんばっていきたいと思っています。

 

篠原先生は、2017年3月に「日本森林学会奨励賞」を受賞されたばかりの新進気鋭の研究者です。

 

学科の教育・研究がますます活発になっています!

 

今後のご活躍に期待です!!