お問い合わせはこちら
新着情報

前田君(修士1年生)が日本農業気象学会・日本生物環境工学会九州支部合同大会でベストポスター賞を受賞!

2018年11月29日

11月25日~26日に鹿児島で開催された日本農業気象学会・日本生物環境工学会九州支部合同大会で修士1年生の前田顕君(多炭研)が、ベストポスター賞を受賞しました。

タイトルは、「アメリカ西部の山ヨモギの低木草地におけるGCOM-C ETindexアルゴリズムによる蒸発散量推定及び精度評価について」です。

多炭研究室では、昨年打ちあがったGCOM-C(しきさい)の蒸発散量推定アルゴリズムの開発を行っています。蒸発散量推定手法を開発することで、世界の水問題の解決を目指して、日々研究を進めています。